目次

● まえがき
● お金を使う
● 時間と手間を使う
● エロはスパイス程度に
● クールガイが好かれないワケ
● 気遣い上手は愛され上手
● ホメ上手はモテ上手
● 女子はココであなたをジャッジしている!
● コミュニケーション能力上達法
● 大人のマナー講座
● お金の使い方
● 失敗しないためのデートプラン
● 女子にとっての「仕事がデキる男」とは
● あとがき
● 奥付

検索エンジン

概要

Description

「キャバ嬢モテをマスターすれば、女子モテは簡単!」
Apple iBook Store, Amazon Kindle Store,
Google Play Booksにて好評発売中!

モテる男の条件

著者:プリマヴェーラ すみれ

販売価格:\250円

キャバクラは、男性にとって刺激や安らぎ、女を求めていく非日常の世界。 その中で働くキャバ嬢は、何百人何千人の男性を見てきているので、男性を見る目はかなりシビア。 キャバクラホステスとして、店舗No.1の実績もある著者が「モテる極意」を伝授します。

キャバ嬢の目にかなう男を目指せば、どんなシーンもそつなくこなせる、イイ男に大変身する可能性も!

モテる男は女性の接し方からして違う

「モテる男の条件」という本を読んでまず言えるのは、男ってバカなんだなということです。たとえばこの本を書いているのはキャバ嬢なのですが、キャバクラにくるお客というのは特に勘違いしてしまう男が多いのだそうです。まずキャバ嬢というのは接客業ですから愛想がいいのは当然です。それを当然と思ってしまうところから勘違いが始まるようです。そしてそういった勘違いをしている男は「高い金を払ったんだから」とか「高価なプレゼントをあげたのだから」というようにそれだけで好意が得られると思ってしまう人が多いのだそうです。ところがそれでは全くダメで、好意とは逆に冷めた気持ちになってしまうのだそうです。その点、キャバクラでもモテる男というのは違います。モテる男というのは女性から見て、仕事だったりデートのプランだったり、そもそも女性の接し方からして違うのだそうです。そういったモテる男の条件をしっかりと学んで生かすことができればきっといい男になれるのではないでしょうか。

思った以上に役立つ本でした。

私が「モテる男の条件」という本を手にしたのは全くの偶然でした。良い歳をした私が読むような本ではありません。たまたま電車の中に置き忘れていた本を、暇つぶしに読み始めたのがきっかけでした。面白いのはキャバクラの人気ホステスが執筆しているという点です。毎日多くの男性客を見ているキャバ嬢の視点から書かれているところが新鮮で、とても面白く読ませていただきました。本の内容は、私にとっては耳が痛いことばかりが書かれていました。たとえばお金を使う男がモテる、という部分もそうです。せこい男がモテないのは誰にでも想像がつきそうなものですが、キャバクラでそんなところを見られているとは思ってもいませんでした。お金を使うと言っても毎回豪遊しろというのではありません。ここぞという時に使うのがポイントのようで、作者のキャバ嬢に言わせると、私なんかは最もモテないタイプの男でしょう。もちろんキャバクラだけでなく、コミュニケーションの取り方や失敗しないデートプランなど、普段の生活で役に立つ情報も満載で、思った以上に役立つ本でした。

女性からみたモテる男の条件とは

もしかしたらどこかで聞いたことがあるような話かもしれません。ですが多数の人が実はできているようでできていないのが女性とのコミュニケーションなのかもしれません。モテるためのテクニックを紹介したハウツー本というのはたくさん出版されています。ですが女性、しかも男性と接する機会のとても多いキャバ嬢がモテる男の条件について書いた本というのはとてもためになるのではないでしょうか。まさに目からうろこといった感じです。モテようと努力している男のその努力の方向が実は間違っていたということがよくわかる本です。電子出版ですからお値段もリーズナブルですし、本棚にあるのが見つかるとちょっとと思うタイトルでもダウンロードで読めますから気軽に手に入れることができるのではないかと思います。スマートフォンなどの端末でこっそり読んでみてはどうでしょうか。女性からみたいい男の条件というのがよくわかると思います。一読する価値のある本だとおススメできます。

女性と相対する事を教えてくれる本

生まれてこの方、モテる男と出会った事のない私も、ついつい手が出る本、一体どういう男がモテる男なのか、と言う所が妙に興味深いのです。内容は、と言うと、実に気になる部分があり、時間と手間を使う。それから気遣い上手は愛され上手。それに、ホメ上手はモテ上手。女性の側からすれば、この時間と手間を使うと言うのは、男性としての自分の時間を割いてまでも女性のために時間を使い、仮に、その女性のための時間を使って、しかし、結局その時間が無駄であったとしても、彼女のための時間として思えるなら気分が良いと言う心理的なものが感じられるんです。それが、言葉を変えれば手間と言う言葉になるのかも知れない、だから、女性のための時間と言うのは、中々どうして、女性を思っていられる気分になれると言う意味でも大切だと、私は感じました。それに気遣い上手は愛され上手と言います。これは私も実生活で体験しているのだが、男性としては、当たり前に出来ているようでも、中々出来ないもの。その場のお互いに会話をしているその時でも、仮に、離れている時でも、例えば、別の異性と話している時でも、その気遣い上手と言うのは、見えない空気を読み、または、一瞬の仕草を読み取り、または女性の何気ない素振りにも気付ける、気遣いと言うものがあるのです。それを上手にキャッチしながらにして、女性と相対すると言う事を教えてくれている一冊の本であると私は感じました。

いい男、モテる男になる条件とは

いい男に、モテる男になるためには、やはり女性の意見というのを真剣に聞き、とりいれていくことが大切なのではないかと思います。たくさんの男性、いろいろなタイプの男性と接する機会の多い職業の一つにキャバ嬢という存在があります。キャバ嬢の場合、本格的な接客のプロとまでは言えないかもしれませんが、素人ともいえません。また毎日のようにたくさんの男性と接しているわけですから見る目も肥えてきています。つまり限りなく一般の人に近いセミプロとでもいったらいいでしょうか。そんなキャバ嬢が感じたモテる男の条件が書かれた本はとても参考になるのではないかと思います。キャバ嬢というのは比較的近くに感じる存在だからこそ勘違いをしている男が特に多いということがよくわかりますし、それはつまり普段の女性への接し方も間違っていることが多いということがよくわかる一冊になっていると思います。値段も安いのでためしに読んでみるといいと思います。